タリスカー10年の味や価格と飲み方!種類9シリーズを比較してみた

スコッチの入門としてもおすすめ、スモーキーなシングルモルトスコッチの代表格タリスカー。

 

特長は、何といってもその強烈な「潮の香り」と評される独特なスパイシー風味です。

個性的なウイスキーが好きな人は絶対ハマると思いますよ!

 

そんなタリスカーですが、実はシリーズ9種類も出ているのをご存知ですか!?

 

今回は、人気の定番シリーズ「タリスカー10年」と、その他、日本未発売のレアなシリーズも含めて、9種類のタリスカーの味や価格を比較していこうと思います。

ぜひ、お気に入りの1本を見つけてみてください。

タリスカー10年

View this post on Instagram

 

KAPPABASHI COFFEE & BARさん(@kappabashicoffeebar)がシェアした投稿 -


数あるタリスカーの銘柄の中で最もポピュラーなのがこのタリスカー10年。

バーでタリスカーを注文したときに、基本的に出てくるのがこれだと思います。

 

10年熟成されたこの銘柄は「ワールド・ウイスキー・アワード」など数々の受賞歴を持っており、まさにタリスカーの代表格といえるでしょう。

 

さて、気になる味や香りはどうなんでしょうか・・・。

味は?

よく、『磯のような』と表現される、ピート香(いわゆる正露丸のようなスモーキーな香り)、石炭、キャラメル、スパイシーな香りなどが混ざって感じられます。

 

口に含むと強いピートのスモーキー、余韻は黒コショウのようなペッパーが続きます。

 

ウイスキー好きならピートと言えば、アイラモルトを連想するかもしれませんが、アイラモルトと比べると華やかな印象というか、甘味も感じられて滑らかで飲みやすいと思います!

 

ちなみにタリスカーはスカイ島という島で作られているシングルモルトになります。

そんなタリスカー10年は、意外とリーズナブルな価格で販売されているんです。

価格は?

平均価格は3000円程度でしょうか。

アイラモルトのアードベッグやラフロイグとほぼ同じ価格帯です。

 

リーズナブルな価格で、ぜひともストックしておきたいところですね!

 

次はおすすめの飲み方をご紹介します。

タリスカーの飲み方は?

スモーキーなウイスキーが好きな人はストレート、ちょっと小慣れた人はロックや水割りが良いでしょう。

基本的にどの飲み方もおすすめですが、ピートの独特な香りが苦手な人や初めての人はハイボールから入るのが良いと思います!

タリスカーはハイボールがおすすめ!

ソーダで割るハイボールはスモーキーでスパイシーなタリスカーと相性抜群です!

炭酸の爽やかさがドライさを引き立てて、非常に刺激的。

 

スッキリとしていますが骨太で存在感もある味わいとなっています!

ここでもう一つ試してほしいのが、黒胡椒をかけて味わうタリスカースパイシーハイボールです。

タリスカースパイシーハイボール

View this post on Instagram

 

Naomi Sasakiさん(@naomiumi88)がシェアした投稿 -


ハイボールに黒胡椒?

 

おいおいなんてふざけたマネをするんだ・・・とお思いのあなた。

いやいやちょっと試してみてくださいよ。

 

これまで飲んでいたハイボールが格別になりますから!

 

作り方は簡単。

タリスカーハイボールに、あらびきの黒胡椒を氷にあてるようにふりかけるだけです。

 

黒胡椒の量はお好みでOK。

タリスカーの磯の香りとスモーキーさを黒胡椒がより引き立ててくれて、超スパイシーで刺激的なお酒になります。

 

お肉料理や魚介料理と非常にマッチするので食中酒として最適なんですよ。

ぜひお試しあれ。

 

次からはその他のタリスカーシリーズについて紹介していきます。

10年モノを飲んだあとに飲んでみてはいかがでしょうか。

タリスカーストーム

View this post on Instagram

 

nuitさん(@shotbar_nuit)がシェアした投稿 -


俺はとにかくスモーキーでスパイシーな酒が飲みたいんだ!

と思いの方はタリスカーストームをぜひお試しください。

まるで「嵐」のような衝撃は、きっとあなたの舌をうならせることでしょう。

味は?

とにかくスパイシー。

ピートのスモークと黒胡椒の香ばしさにどことなく感じられるはちみつのような甘い香り。

口に含めば嵐のように辛味と磯の香りが次々と押し寄せてきます。

 

そしていつまでも残る余韻。

非常にクセのある銘柄ですが、ステーキや焼肉などのガッツリとした肉料理にピッタリなんです。

価格は?

価格はすこし高めの5000円前後。

ただ、値段以上の価値はあると思います。

ぜひスモーキー&スパイシーのストームを体験してみてはいかがでしょうか。

 

タリスカー18年

View this post on Instagram

 

北川 早美さん(@kitagawa883)がシェアした投稿 -


先ほど紹介した10年モノをさらに熟成させ、香りや味に深みを出したのがこのタリスカー18年です。

10年を飲んで少し物足りなさを感じ、リッチさがほしいと思った方におススメです。

味は?

香り豊かなフレーバーはまるでオレンジやプラムのフルーティ、バター、スモーキーさが複雑に絡み合っています。

蜜のような甘さがまず感じられ、ピーティの磯の香りとスモーキーの主張がどんどん強くなる味わい。

余韻は胡椒のようなスパイシーさが際立ちます。

価格は?

お値段は1万円ほど。

なかなかお高いですが、ちょっとフンパツすればワンランク上のタリスカーを味わえますよ。

 

しかもこの18年、「ワールド・ウイスキー・アワード」で世界一に輝いたことがあるんです。

買って損なし。

贈り物にも最適です!

 

タリスカー25年

View this post on Instagram

 

Bar Day Breakさん(@bardaybreak)がシェアした投稿 -


四半世紀以上熟成させた希少な銘柄です。

これまで紹介したタリスカーの中で最もリッチなものといえるでしょう。

通常では味わえない力強い重厚さを楽しんでみてはどうでしょうか。

味は?

10年のようなガツンとした主張は少なく、磯の香りとスパイシー、スモーキーが複雑に合わさった香りがとても濃厚に感じられます。

口当たりは舌の上でじんわり広がる甘味、磯の塩気、そして胡椒のようなスパイシー風味が絶品です。

価格は?

価格は30,000円台と断トツで高価です。

超熟させた格別な味わいを楽しみたいならこの価格は仕方ないですね。

ただ、時期によって価格はけっこう上下しているので、ちょくちょくチェックしてみてくださいね。

 

タリスカーポートリー

View this post on Instagram

 

竹田眞幸さん(@taketa_masayuki)がシェアした投稿 -


19世紀、スカイ島の最大の港町であるポートリーは、荒波を乗り越えた船乗りたちの盛んなワイン貿易によってとても賑わいを見せていました。

そして現在、当時の勇敢な先人を敬服し、タリスカーの原酒をポートワインの樽で追加熟成させ完成させたシングルモルトウイスキーがこのタリスカーポートリーです。

味は?

木炭のようなスモーキーに加え、ドライフルーツのような甘さが同時に感じられる香り。

口に含むとタリスカー独特のスパイシー、ピーティと同時に先ほどのフルーティな甘さが相まってマイルドな印象です。

そしていつまでも余韻に浸れるスモーク。

価格は?

値段は5000円程度。

10年と比べるとリッチで重い口当たり。

いつもの10年に飽きた場合にたまに飲んでもいいかも?

 

タリスカーダークストーム

View this post on Instagram

 

住田栄一郎さん(@es_rokko)がシェアした投稿 -


このタリスカーダークストームは日本では未発売ですが、並行輸入品として購入することができます。

強く焦がしたオーク樽で熟成されており、力強いスモーキーさと樽の香りが存分に味わえます。

味は?

ダークバレルで熟成されていたことにより感じれられる強い樽香とともに、どこかキャラメルを連想させるような甘い香り。

口に含むと黒胡椒のようなスパイシーさと樽のウッディ、ピートのスモーキー、それぞれの香ばしさが心地よい味わい。

果実系の甘みもほのかに感じられます。

価格は?

価格は6000円前後です。

樽のウッディなフレーバーが好きな人にはおススメの銘柄です。

【CG】タリスカー ダークストーム 45度 1000ml 直輸入

 

タリスカーネイストポイント

View this post on Instagram

 

Bar Colorfulさん(@barcolorful)がシェアした投稿 -


スカイ島西海岸にある灯台からつけられたこのネイストポイント。

こちらも日本では販売されておらず、手に入れるには並行輸入品として購入するしかありません。

味は?

20年ほど熟成された数種類の原酒をブレンドしており、他のタリスカーシリーズに比べ黒胡椒のスパイシーさや潮の香りはやや控えめ。

口当たりは滑らかでドライフルーツやダークチョコを感じさせるようなフルーティでビターな飲み口です。

フィニッシュは木炭、バニラようなフレーバーが余韻として残ります。

価格は?

価格は1万円前後とけっこう高いです。

 

しかしこれは並行輸入品である価格です。

もし国内で正規販売されると更に高額で販売されるかもしれません。

今が買い時かもしれませんよ・・・?

 

タリスカースカイ

View this post on Instagram

 

Pallai Mártonさん(@m.r.ci)がシェアした投稿 -


2015年に発売されたタリスカースカイは、リフィル・アメリカンオークとトーステッド・アメリカンオークの組み合わせで熟成されて作られた銘柄です。

こちらも並行輸入品なので国内では販売されていません。

味は?

香りは磯とスパイシーさに加えバニラやはちみつといったスウィートなフレーバーが特徴。

口当たりもスウィートで、はちみつやリンゴといった甘さとともにスモークと黒胡椒も存在感が感じられます。

価格は?

コチラは安めの4000円台〜5000円前後。

比較的リーズナブルな価格で味わえるのでこちらも常にストックしておいてはいかがでしょうか。

 

タリスカーディスティラーズエディション

View this post on Instagram

 

智也 大前さん(@maetomo1206)がシェアした投稿 -


シェリー樽のカスクで二段熟成させたこのディスティラーズエディションは、甘みと豊かさを持ったまろやかな仕上がりになっています。

毎年、1回分の蒸留しかされないため需要と供給が追い付かないそうです。

味は?

力強いピートの味わいと黒胡椒のスパイシーに加えてフルーティな甘味が合わさり、オイリーで滑らかな口あたりとなっています。

また、ダークチョコやバニラやピート香の複雑なフレーバーの余韻がいつまでも続きます。

価格は?

こちらは9000円前後のお高めな値段です。

しかし、年に1回しか蒸留されないこの銘柄、正直この値段で販売されているのはコスパが良いと思います!

 

まとめ。タリスカーといえば胡椒!

以上、タリスカーについてお伝えしてきました。

もう一度おさらいの意味をかねて簡単にまとめてみますね。

 

●タリスカー10年

  • ピーティで磯の香りと黒胡椒のスパイシーな味わいが特徴
  • アイラモルトに比べると滑らかで甘味が感じられる
  • 価格は3000円程度
  • ハイボールに黒胡椒をかけたスパイシーハイボールがおすすめ

 

●タリスカーストーム

  • 強いスモークとスパイシーが特長
  • ステーキなどの肉料理によく合う
  • 価格は5000円程度

 

●タリスカー18年

  • 10年よりさらにオレンジやプラムといったフルーティさが増しており、リッチな味わい
  • 値段は1万円ほど

 

●タリスカー25年

  • 25年という超熟された銘柄は年代が若いもののようなガツンとした主張は少ない
  • リッチさ、重厚さが他のシリーズより際立っており、まさに贅沢な逸品
  • 価格は25000円前後で高いです

 

●タリスカーポートリー

  • 猛々しいスモークとスパイシーな香りに加え、甘さも感じられる
  • 価格は5000円程度

 

●タリスカーダークストーム

  • 日本で未発売のため並行輸入品として購入する必要あり
  • 力強い樽香とスモーキーさが特徴
  • 価格は6000円ほど

 

●タリスカー ネイストポイント

  • こちらも並行輸入品として購入する必要あり
  • スパイシーさとスモーキーは控えめでフルーティでビターな味わい
  • 価格は1万円前後

 

●タリスカースカイ

  • こちらも並行輸入品として購入する必要あり
  • スイートな口当たりだがスモーキー、スパイシーも存在感あり
  • 価格は4000円前後

 

●タリスカー ディスティラーズエディション

  • シェリー樽のカスクで二段熟成して作られている
  • 力強いピート、スパイシーに加えてフルーティな甘味でオイリーで滑らかな口あたり
  • 値段は9000円前後

 

タリスカーの特徴はなんといっても、胡椒のようなスパイシーさでしょう。

その味わいに個性豊かなアイランズ・スコッチの中でも特にファンが多いと言われています。

 

最初はとっつきにくいかもしれませんが、1杯飲み終わっている頃にはきっと病みつきになっているかもしれませんよ。

ぜひ、あなたのお気に入りの1本を見つけてみてくださいね!

おすすめの記事