カティサークの味や価格と飲み方!シリーズ6種類を比較!

カティサークといえば19世紀にイギリスで作られた快速帆船の名と船の図柄で有名なスコッチウイスキー。

そのスコッチのなかでも、ブレンデッドウイスキーとして知られており、ストーム、12年、18年、プロヒビション、モルトなどの豊富なラインナップが発売されています。

また、カティサークのキーモルトは、とても有名な高級シングルモルトウイスキーが複数使われていることがご存知でしたか?

 

今回は、そんなカティサークの味や価格と飲み方、シリーズ6種類との比較についてまとめていきます!

カティサークの味や価格

View this post on Instagram

 

ayuさん(@purejoy_ayu)がシェアした投稿 -


カティサークは、軽い味わいとその飲みやすさから人気のブレンデッドウイスキー。

味はライトで、スコッチウイスキーの割にはとても飲みやすいと評判です。

また、その値段も手頃なため、ウイスキーやスコッチ初心者にも勧めやすいウイスキーといえるでしょう。

カティサークはまずい?

カティサークというと比較的に安価な部類のウイスキーなので「まずいのでは?」と思われることもあるようです。

 

そのワケを調べてみると、カティサークの味の特徴が他のスコッチウイスキーと違うことが理由になっているようです。

カティサークは熟成期間が短いため、アルコール臭さと柑橘系フルーツの香りや風味が強いんですね。

そこに水分を加えると少しクリーミーな甘さが増し、ウイスキーとしては軽い味わいとなります。

一般的な重厚感のあるウイスキーをイメージしていると、飲み口が軽いカティサークは「物足りない」と感じるのでしょう。

ハイボールがおすすめ

View this post on Instagram

 

OZENAさん(@ozena3)がシェアした投稿 -


カティサークにはこれまで紹介したような味の特徴があるため、ハイボールがお勧めの飲み方。

炭酸の爽快感と柑橘系の風味が良く合うとともに、加水して少し時間をおくと程よく甘みも増してくるため、初心者や女性にも飲みやすいと言えます。

カティサークのキーモルトは?

カティサークはブレンデッドウイスキーと呼ばれ、モルトウイスキーの個性を残したまま他の原酒を混ぜて調整されたものですが、このブレンデッドウイスキーを作る際に主軸となる原酒のことをキーモルトと言います。

カティサークのキーモルトには、あの有名な「ザ・マッカラン」「ハイランドパーク」といった有名なスコッチウイスキーから作られているんです。

このような原酒をキーモルトにしているところから考えてみても、カティサークの質は高く、味も良いことは間違いありませんね。

価格は?

ウイスキーの中でも価格が手頃な理由から、ウイスキー初心者でも気軽に楽しめるカティサークですが、Amazonでも手軽に購入することができます。

楽天でも同じくらいの値段で購入することができますが、パーティーや飲み会用にまとめ買いをするなら楽天がお得ですのでチェックしてみて下さいね。

 

カティサークの種類

カティサークには、ストーム、12年、18年、プロヒビション、モルトといった種類があります。

それぞれの味の特徴や価格について詳しくご紹介します。

カティサークストーム

View this post on Instagram

 

BAR Cocteauさん(@barcocteau)がシェアした投稿 -


2013年に登場したカティサークで、通常のカティサークより熟成年数が長く、キーモルトである高級シングルモルトウイスキーのマッカランやハイランドパークの含有量が多いことが特徴の1本です。

 

そのため、通常のカティサークに比べて厚みのあるリッチな風味と熟した桃を思わせる甘みが感じられます。

カティサークストーム終売?

そんなカティサークストームですが、現在では製造中止になったため入手が大変困難になっています。

まさに数年間のみ、嵐のように時代を駆け抜けていったカティサークと言えますね!

既に生産されていない貴重なウイスキーなので、見つけたら是非手に入れておきたい1本です。

 

カティサーク12年

View this post on Instagram

 

Andrew Soetionoさん(@whiskyhobo)がシェアした投稿 -


カティサークのキーモルトであり、シェリー樽で熟成された「マッカラン」を強く感じさせる味わいのウイスキー。

琥珀色の深みのある色合いと芳醇な香りが特徴で、バニラを思わせる甘みが感じられます。

 

こちらの12年も生産終了のため入手は困難で、在庫のみとなっています。

見つけたら是非とも入手しておきたいですね。

 

カティサーク18年

View this post on Instagram

 

charsukeさん(@charsuke.1899)がシェアした投稿 -


18年以上熟成させた高級モルトを贅沢にブレンドしたカティサーク。

オーク樽で長期間熟成されたため、スタンダードなオリジナルと比べると琥珀色の透き通ったブラウンと濃厚な香りとスパイシーで厚みのある味わいが特徴です。

カティサークの中でも価格は比較的高く、高級品の部類に分類できますね。

 

カティサークプロヒビション

View this post on Instagram

 

VAMPSさん(@vamps_bar)がシェアした投稿 -


プロヒビションとは「禁酒法」を意味します。

禁酒法時代のアメリカにカティサークを販売し続けていたウィリアム・マッコイ氏に敬意を表して、禁酒法廃止から80年後の2015年に記念として発売されたのがこのカティサークプロヒビションです。

 

禁酒法当時の伝統であった黒のボトルとコルク栓が採用されており、インテリアとしても美しく飾ることができるシリーズです。

 

味の特徴としては、アメリカンオークで熟成されたシングルモルトとグレーンウイスキーをブレンドしたアルコール度数50%の力強い味わい。

スタンダードなカティサークより、深みのある渋みと香りが濃厚な味の複雑さを感じさせるウイスキーです。

 

こちらのカティサークプロヒビションですが、ネットショップでは楽天で購入することができます。

 

カティサークモルト

View this post on Instagram

 

깡쌤~さん(@tenn0814)がシェアした投稿 -


ブレンデッドウイスキーであるカティサークの中でも、特にマッカラン、ハイランドパーク、グレンロセスといった有名なモルトウイスキーのみをブレンドしたのが、このオールモルトウイスキー。

 

クオリティの高いモルトウイスキーのみが厳選してブレンドされているだけあって、その味は絶妙なバランス。

オリジナルのカティサークにはない、甘さを抑えたエレガントな味わいにレーズンのような香りとスパイシーさを感じるウイスキーです。

 

こちらのカティサークモルトも生産終了になっているため、現在販売しているものは在庫のみとなっています。

 

カティサークまとめ

いかがでしたか?

帆船のラベルが特徴で印象的なブレンデッドウイスキーのカティサークについてご紹介してきました。

 

カティサークは、スコッチウイスキーの中では価格も比較的手頃で飲みやすいのでウイスキー初心者にも手に取りやすい銘柄であること、また、種類もストーム、12年、18年、プロヒビション、モルトと幅広く豊富で、酒席の場や雰囲気に合わせやすい銘柄です。

 

これからの飲み会の季節、お店やメンバー、雰囲気に合わせて色々試してみると良いですね。

 

お勧めのハイボールとしての飲み方以外にも、カティサークの嗜み方を研究して自分のライフスタイルに取り入れてみて下さいね。

おすすめの記事