タラモアデューの味や価格と飲み方!シリーズ4種類を比較してみた

アイリッシュウイスキーの中で2番目に出荷量が多く、人気の高いタラモアデューウイスキー。

ウイスキー専門家からの評価も高く、世界的にも有名なブランドです。

 

「タラモア」とは、アイルランドのオファリー州にある町の名前。

タラモアデューは、以前このタラモアにあるタラモア蒸留所で造られていました。

 

かつて、アイルランドで最も成功していたタラモアデューウイスキーですが、世界大恐慌やアメリカの禁酒法など要因で衰退していきました。

その後タラモア蒸留所は1954年には閉鎖となり、タラモアデューは現在ミドルトン蒸留所で造られています。

 

そんな深い歴史があるタラモアデューの、味や価格と飲み方、そしてシリーズ4種類の特徴もご紹介していきましょう。

タラモアデューの味や価格と飲み方

View this post on Instagram

 

Bar358さん(@bar358)がシェアした投稿 -


タラモアデューは軽い飲み心地で後味もサッパリしているので、ウイスキーを初めて飲む人にもおすすめ。

創業から現在まで受け継がれているノンピーテッド製法とは、麦芽の乾燥時にピート(泥炭)を焚かないという方法。

その伝統ある味には深みがあり、長い歴史を感じさせます。

 

大麦と穀類を原料とするタラモアデューの味と価格、おすすめの飲み方をご紹介していきます。

タラモアデューの評価

タラモアデューは、ウイスキー専門家の評価が高く、香りや味、風味のバランスがとれている、何とも癖になるような味わいです。

そもそも売り上げは、アイリッシュウイスキーではジェムソンに続いて世界で第2位!

アイリッシュウイスキーのファンなら、誰でも一度は飲んだことがあるのではないでしょうか。

味は?

タラモアデューウイスキーは、フルーティーな甘みとマイルドな味。

アルコールは強めで、飲むとピリッとしていますが、辛みがキツイという感じはありません。

むしろ飲みやすく、スッキリとした味わいが楽しめます。

大麦の風味が心地良く、滑らかな香りと飲み心地の良さは、ウイスキー初心者も直ぐに好きになれそうな味わいですね。

 

タラモアデューと同じミドルトン蒸留所で造られているジェムソンウイスキーは、初めてなら定番のスタンダードが飲みやすいです。

香ばしく、ふんわり豊かな香りと、シェリーの甘みがある滑らかな味わい。

 

柔らかい味わいのジェムソンに対して、飲みやすい上にしっかりしたウイスキーの味を楽しめるのがタラモアデュー。

味のポイントとしてはこんなところでしょうか。

  • スッキリしていて飲みやすい
  • フルーティーな甘み
  • 大麦の風味
  • 香り滑らか
  • アルコール感がある
  • ウイスキーの味がしっかりしている

味わいがしっかりしていて飲みやすいので、ウイスキーが苦手という人も、飲んでみたくなりますね。

またウイスキー好きの方には、プレゼントとしても喜ばれるでしょう。

 

そんなタラモアデューの価格は、購入しやすい価格と言えるのでしょうか?

タラモアデューの、気になる価格をお伝えします。

価格は?

高級感のあるタラモアデューは、意外に購入しやすい価格です。

世界の売り上げ第2位のタラモアウイスキーは、コスパが良いという評価もあり、味も価格も多くの人に愛されています。

 

ハイボールもおすすめ

タラモアデューの味を、じっくりと楽しみたいときはロックがいいですね。

 

しかし、味がハッキリとしていて水割りでも満足の味わいのタラモアデューは、ハイボールもおすすめです。

タラモアデューと炭酸を、1:3で作ってみましょう。

  • グラスに氷いっぱいを入れる。
  • タラモアデューを入れる。
  • マドラーで少しかき混ぜる。
  • 炭酸を入れる。
  • マドラーでかき混ぜる。

レモンを入れてアクセントをつけてみるのも、美味しく飲めるコツ。

食事のお供にも、ぜひお試しください。

 

タラモアデューには種類があり、それぞれの違う味を楽しむことが出来ます。

タラモアデューのシリーズ4種類を、比較してご紹介しましょう。

タラモアデューの種類

アイリッシュウイスキーは、3回蒸留を行うという特徴があり、ピュアな味わいとマイルドで飲みやすいのがベースとなっています。

タラモアデューには種類があり、アイリッシュウイスキーの特徴を生かしたうえで、更に深みのある味を楽しむことが出来ます。

それぞれのタラモアデューの特徴をご紹介します。

タラモアデュー

View this post on Instagram

 

Minako Yamamotoさん(@minakong)がシェアした投稿 -

ノンエイジのタラモアデューは、大麦の香りとともにフルーティーな甘さとしっかりとしたウイスキーの味が人気のヒミツ。

その繊細さと滑らかな味わいは、ウイスキー好きの方々や専門家にも高い評価を得られています。

飲みやすい上に手に取りやすい価格であるため、初心者にもおすすめのウイスキーですね。

 

タラモアデュー12年

View this post on Instagram

 

shozo_okano 🍶しょーぞー🍶さん(@fourroses_black)がシェアした投稿 -


タラモアデュー12年は、バーボン樽とシェリー樽を使用し、12年熟成して造られたウイスキー。

タラモアデューの純粋な味わいはそのままに、濃厚な味わいが口いっぱいに広がるのが心地いい。

ノンエイジのタラモアデューに比べると少々お高いのですが、熟成されて味に深みを増しながらも、滑らかな飲み心地は変わらないのが嬉しいですね。

 

タラモアデューシングルモルト14年

View this post on Instagram

 

Irish pub 渋谷フォルチェさん(@shibuya_failte)がシェアした投稿 -

シングルモルトを3回蒸留後、バーボン樽で14年熟成。

その後もシェリー樽やバーボン樽などを使い後熟も行っているという、タラモアデューシングルモルト14年ウイスキー。

タラモアデュー12年より、更に濃厚な甘みと旨味が感じられます。

滑らかな口あたりが癖になりそうな予感。

上品な甘さで後味も良く、その上高級感があり価格もちょっと高め。

その分、味わいの深さは十分期待できますね。

タラモアデュー 14年 シングルモルト 41.3度 700ml [並行輸入品]
タラモアデュー

 

タラモアデューサイダーカスク

View this post on Instagram

 

修 倉持さん(@virgo_aruji)がシェアした投稿 -

アイルランドを代表するシードル「ブルマーズ」を作る時に使用する樽に、タラモアデューを入れて熟成されたのがタラモアデューサイダーカスクです。

フルーティーな味わいと、飲んだ時の爽やかな感じが癖になります。

リンゴの味が親しみやすく、甘くてライトな口あたりが魅力的。

タラモアデューの次にお手頃な価格なので、お誕生日などのパーティーにみんなで飲むと、更に盛り上がりそうですね!

 

まとめ

タラモアデューの味や価格、飲み方についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

またタラモアデュー4種類のシリーズには違いがあり、それぞれの味わい深さを感じられたのではないでしょうか?

 

ここまでご紹介したタラモアデューについて、まとめみましょう。

 

味は

  • しっかりした味
  • 大麦の風味があり香りも滑らか
  • フルーティーで甘みがある
  • 飲みやすい
  • 専門家や愛好家の評価が高い

 

価格は、高級感がありながらも購入しやすい価格。

プレゼントとしても丁度よい価格ですね。

 

飲み方については、お好みもあると思いますが、水で薄めてもしっかりとした味は変わらないので、ハイボールもおすすめ。

 

タラモアデューシリーズは4種類をご紹介。

  • タラモアデュー:繊細で滑らかな味わい
  • タラモアデュー12年:コクがあり飲みやすい
  • タラモアデューシングルモルト14年:濃厚な甘みと滑らかな口あたり
  • タラモアデューサイダーカスク:フルーティーな甘さと爽やかな飲み心地

 

タラモアデューは、アイリッシュウイスキーの中でも代表的な逸品。

その繊細で滑らかな飲み心地は、専門家の評価も高いです。

そんなタラモアデューウイスキーを、ぜひお試しください。

ゆっくりとした自分の時間を、タラモアデューを飲みながら過ごすというのもいいですよ。

おすすめの記事