デュワーズホワイトラベルの味や飲み方!全6シリーズと比較してみた

デュワーズというと安いブレンデッドウイスキーというイメージがあるかもしれませんが、実は熟成を重ねたビンテージボトルも販売されていることをご存知でしょうか?

大衆的なお酒として知られるデュワーズですが、ここではその本当の魅力を伝えるべく、熟成ボトルのシリーズや価格、味わい方などをご紹介していきます。

また、お酒のプロフェッショナルであるバーテンダーの中にも、「デュワーズのホワイトラベルが一番好み」と答える方も多くいますので、スタンダードタイプの商品についてもそのポテンシャルを再確認してみてください。

デュワーズホワイトラベルの味や飲み方

View this post on Instagram

 

Tetsuya.yさん(@tetsuya720)がシェアした投稿 -


スコッチのブレンデッドウイスキーの中でも、もっともスムーズで飲みやすいと人気なものがデュワーズです。

アメリカでは「ウイスキーといえばデュワーズ」と言われるほどポピュラーな商品であり、日本でも一般的に浸透しているブレンデッドウイスキーのひとつだと思います。

ちなみにバーテンダーから支持を受けている理由としては、バランスに優れていてどんな飲み方にも対応できるからです。

デュワーズというとホワイトラベルが基本ですが、このスタンダードタイプのボトルにはキーモルトとして「アバフェルディ」が使われていることをご存知でしょうか?

ハイランドのシングルモルトである「アバフェルディ」はリッチで滑らかな味わいが特徴なのですが、その味が活きているのがこちらのデュワーズホワイトラベルです。

まだデュワーズのホワイトラベルを飲んだことがないという方だと「どんな味なのだろう?」と思うかもしれませんが、具体的にその味わいをご説明していきましょう。

味は?

デュワーズのホワイトラベルは、ウイスキー初心者の方でも飲みやすく、アルコールのきつさをあまり感じさせない滑らかな感触を楽しむことができます。

味は麦の甘さが広がり、後口もすっきりとしているところが魅力的な部分です。

水割りで飲むと、よりその甘さが際立ちますので最初は水で割って飲んでみることをおすすめします。

もちろんそのほかの飲み方でも充分美味しく飲むことができて、自宅用にもおすすめのウイスキーです。

手頃な価格で購入できるのも魅力のひとつですので、その価格について見ていきましょう。

価格は?

デュワーズホワイトラベルは一般的に大衆のお酒として広く愛されてきたウイスキーですので、価格はそこまで高くありません。

1本1500円程度で購入することができますので、自宅用に買って家で楽しむのにもぴったりなウイスキーと言えます。

最近では品質の高い炭酸や水が販売されていますので、合わせて購入すれば本格的な味わいを自宅で簡単に楽しむことが可能です。

 

ハイボールもおすすめ

飲み方としてはハイボールもおすすめで、華やかな香りが鼻の奥を通り過ぎていく感覚がとても心地よく、さっぱりとしたテイストを味わえます。

最初にも軽く触れましたが、デュワーズのホワイトラベルはなんといってもバランスの良さが魅力的。

炭酸に負けない芯の強さが特徴のひとつでもあります。

そんなデュワーズをもっと熟成させるとどうなるのか?

次にビンテージもののボトルについても見ていきたいと思います。

デュワーズの種類

デュワーズはスタンダードタイプのホワイトラベル以外にも、熟成を重ねたビンテージボトルが販売されています。

ここからは各種デュワーズシリーズの種類やその価格、簡単な味の説明をご紹介していきますので、ぜひいろいろなデュワーズを知っていってください。

デュワーズ12年

View this post on Instagram

 

takaoさん(@takao1974c3po)がシェアした投稿 -


デュワーズ12年は、キーモルトである「アバフェルディ」をはじめ40種類以上のモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドした1本です。

それぞれ12年以上の熟成が終わったものを混ぜ合わせたあとに樽詰めし、さらに半年間「追熟」を重ねることでしっかりとした味わいに仕上げています。

ホワイトラベルよりも少し重厚なテイストが楽しめて、価格も2,000円台なのでお手頃。

 

デュワーズ18年

View this post on Instagram

 

Ninoさん(@studiojacco)がシェアした投稿 -


デュワーズ18年はバーテンダーからも非常に人気のあるウイスキーでもあり、長期熟成に耐え抜いた上質なモルト原酒の味わいがとても魅力的な1本です。

甘さの中に複雑なフレーバーが広がり、アタックは柔らかくフィニッシュは潔いという日本人好みとも言えるテイストとなっています。

価格は8000円前後といったところですが、特別な日など自分へのご褒美としてもおすすめのウイスキーです。

 

デュワーズ15年

View this post on Instagram

 

collectionさん(@collection3021)がシェアした投稿 -


デュワーズ15年はフローラルでリッチな味わい、鼻腔をくすぐるアロマが非常に魅力的なビンテージウイスキーです。

価格は5000円程度と少し自宅用には高いかもしれませんが、バーなどで1杯を楽しむのであればリーズナブルな1本となっています。

 

デュワーズ25年

View this post on Instagram

 

Kokichi Katsudaさん(@kokichiplus)がシェアした投稿 -


デュワーズ25年は、長期熟成原酒を合わせ「ロイヤルブラックラ」の樽でフィニッシュさせた気品ある1本です。

ロイヤルブラックラとはスコットランドのハイランド地方の蒸留所であり、また英国の王様から初めて公式に認められた蒸留所でもあります。

そのロイヤルブラックラの樽で最後の熟成を重ねたデュワーズ25年はまさに至高のウイスキーであり、価格も2万円弱と高価なものとなっています。

 

デュワーズシグネチャー

View this post on Instagram

 

宮尾俊太郎 SHUNTARO MIYAOさん(@shuntaro_miyao)がシェアした投稿 -


デュワーズシグネチャーは、シリーズの中でもっとも高品質な種類であり、手に入れることすら困難なウイスキーです。

芳醇な香りとまろやかさが極まった味わいで、ニートもしくはトワイスアップで飲むのがおすすめ。

価格はボトル・箱付きで2万円を少し超えるほどで、もしバーで見かけたならぜひ一度は飲んでもらいたい1本となります。

 

まとめ

大衆的なウイスキーとして知られるデュワーズですが、実はいろいろなビンテージボトルが販売されていることが分かってもらえたかと思います。

最後に軽くご紹介した商品のまとめをご覧ください。

・ホワイトラベル
バランスがよく価格の安さが魅力的。

・12年
ホワイトラベルよりも少しだけリッチなテイストが楽しめて、値段も手頃。

・18年
長期熟成シリーズとして、バーテンダーからもおすすめの1本。

・15年
ボトルは5000円程度の価格帯で、バーで頼むにはちょうど良い1杯が楽しめる。

・25年
ロイヤルブラックラでフィニッシュ、芳醇なアロマとフィニッシュの潔さが持ち味。

・シグネチャー
最高級品質のブレンデッドウイスキー、めったにお目にかかれない至高のボトル。

安いお酒と思ってこれまであまりデュワーズを飲んでこなかったウイスキー好きの方にも、デュワーズの良さを再確認してもらえたら幸いですので、ぜひ一度デュワーズをお試しください。

おすすめの記事