バルヴェニー12年の味と飲み方!シリーズ8種類を比較してみた!

口あたりが良くて飲みやすい、シングルモルト・スコッチウイスキーの人気銘柄、バルヴェニー12年。

スコットランド最大のモルト蒸留所である、グレンフィディック蒸留所と同じ敷地に建てられているバルヴェニー蒸留所では、製法にこだわり、今も尚職人の技でウイスキーの味が守り継がれています。

 

バルヴェニー12年の深みある色には強いこだわりが感じられますが、その香りと味はどのようなものなのでしょうか?

気になるバルヴェニー12年の味とおすすめの飲み方、そしてバルヴェニーシリーズの個性豊かな味や特徴もご紹介していきましょう。

バルヴェニー12年の味と飲み方!

バルヴェニー12年は香りも味も人気があり、そのバランスの良さにファンも多いですね。

 

シンプルだけど奥深い味わいを感じさせるようなラベルに、綺麗な琥珀色のウイスキー。

スコットランドのスペイサイドという地域にあるバルヴェニー蒸留所で、昔ながらの技法で造られています。

スペイサイド系のシングルモルトウイスキーは、華やかな香りと風味が特徴。

 

そんなバルヴェニー12年の味と、風味を生かしたおすすめの飲み方をお伝えしましょう。

味は?

バルヴェニー12年は、ウイスキー初挑戦!という人にもおすすめ。

飲みやすいので、ウイスキーが苦手という人も好きになれるかも!

味は、上品な甘さがあり、ツーンとしたアルコールっぽさはありません。

原酒はバーボン樽の後に、シェリー樽に貯蔵。

より深いコクのある味わいが期待できますよね。

バニラを感じさせる甘みある芳醇な香りと、そして滑らかさのある優しい味わい。

それなのにしっかりとした味をしていて、深みがあるけど癖がなくて飲みやすい。

ウイスキー初心者から上級者までもが、その贅沢な味を楽しむことが出来ますね。

まとめるとこんなところでしょうか。

 

  • 癖がなくて飲みやすい
  • 甘みがある
  • 味に深みがある
  • しっかりしていてコクがある
  • まろやかな飲み心地

 

ウイスキーはアルコールが強くて飲みにくいのでは?と思っている人も、バルヴェニー12年は飲みやすくて味わいを楽しめる美味しさなんです。

そこで次は、この味を活かして最も美味しくバルヴェニー12年を飲む方法をご紹介しましょう。

おすすめの飲み方は?

優雅な香りと、滑らかで深みのあるコクをしっかりと味わいたいならロックで飲むのがおすすめ。

氷が解けても、バルヴェニー12年のしっかりとした味と華やかな香りは変わることはありません。

また水を少しずつ入れながら、風味の変化を楽しむのもいいですね。

薄め過ぎてしまうともったいないので、加水し過ぎに注意しながら楽しみましょう。

炭酸を入れてハイボールで飲むのも良いのですが、バルヴェニー12年本来の味が薄くなってしまうため、ちょっともったいないかも。

じっくり香りと味を堪能し贅沢なひと時を過ごしたいなら、ブロックの氷にバルヴェニー12年を注ぐのがいいですね。

 

おすすめは、

  • ロックで飲む
  • 加水して飲む

 

というのが、バルヴェニー12年を美味しく飲めるおすすめの飲み方になります。

気持ちまで豊かにしてくれるバルヴェニーウイスキーは、他にも種類があり、比べてみると似ているけどどこか違います。

ここで、8種類あるバルヴェニーウイスキーの特徴を、お伝えします。

バルヴェニーの種類

バルヴェニー蒸留所では、フロアモルティングという手間ひまかけて麦芽を乾燥させる伝統の製法を、今も受け継がれています。

この職人技で、豊かな味わいのある数々のウイスキーが生み出されてきました。

味わい深いバルヴェニーの、それぞれのウイスキーの特徴をご紹介しましょう。

比べてみると、共通点もありますが、味の違いもみえてきますよ。

バルヴェニー12年ダブルウッド

View this post on Instagram

 

Ryuuya Sakaguchiさん(@ryuuyasakaguchi)がシェアした投稿 -


最もスタンダードな銘柄がこの12年ダブルウッドだと思います。

バルヴェニーが初めてと言う方は、まずこちらを飲んでみるのをおすすめします。

2種類の樽で貯蔵されて12年。

深みのある味と甘い香りが、上質のウイスキーを感じさせます。

バーボン樽とシェリー樽に貯蔵されることで、ふんわり甘い香りと濃厚でコクのあるウイスキーが出来上がります。

味がしっかりしているのにマイルドな飲み心地で、癖になりそうな予感がしますね。

 

バルヴェニー12年トリプルカスク

View this post on Instagram

 

Food, Whisk(e)y & Adventuresさん(@food_whisky_adventures)がシェアした投稿 -

3つの樽のコンビネーションで造られたバルヴェニー12年トリプルカスク。

華やかな香りと深みのある味わいは、バルヴェニー蒸留所で造られたウイスキーならではの特徴です。

 

複雑な味を想像しますが、特徴が生かされている、意外にも飲みやすいです。

薄めのハチミツのような甘さと柔らかい口あたりで、豊かな味と香りを楽しませてくれます。

 

こちらは正規品としては販売されておらず、手に入れるには並行輸入品を購入する必要があります。

 

バルヴェニー14年カリビアンカスク

View this post on Instagram

 

yuyuさん(@yuyu.ww7926)がシェアした投稿 -


バーボン樽に貯蔵後、更にカリビアンラムの樽に貯蔵し熟成させたウイスキー。

フルーティーな香りで、飲んでみると、まろやかな甘みのある口あたりです。

 

トロピカルフルーツのコクが、口の中にそっと残るような感じ。

温かく包み込まれるような気分を、じっくりと味わうことが出来ます。

 

バルヴェニー15年シェリーカスク

View this post on Instagram

 

Per Olofssonさん(@p.h.olofsson)がシェアした投稿 -


バルヴェニー15年シェリーカスクは、一つの樽で造られたシングルバレルのウイスキー。

フルーティーな甘みのある香りと濃厚な味わいが楽しめます。

柑橘類と蜂蜜を合わせたような甘みと麦の旨味が、より味を深めています。

 

並行輸入品として購入する必要がありますが、上質なウイスキーの味を楽しみたいなら、シェリーカスクはおすすめです。

 

バルヴェニー16年トリプルカスク

View this post on Instagram

 

JQTSさん(@rhapsodyinamber)がシェアした投稿 -


3種の異なる樽で16年熟成されたウイスキーを混ぜ合わせたのが、バルヴェニー16年トリプルカスク。

 

華やかな香りはもちろん、蜂蜜の甘さとコクのあるまろやかな感じは、12年モノより更に深みを感じる上にバランスも良く、とっても上品な味わいです。

強い麦の旨味が、より高級感を感じさせてくれます。

 

ロックで飲むのも最高ですが、冷たい水を少しずつ入れながら飲むのもいいですね。

こちらも現在は並行輸入品として販売。

 

バルヴェニー17年ダブルウッド

View this post on Instagram

 

marco legastoさん(@mlegasto)がシェアした投稿 -


重厚な味わいを楽しめる、バルヴェニー17年ダブルウッドは、バーボン樽の後にシェリー樽で熟成。

深みのある琥珀色をしたこのウイスキーは、蜂蜜とアーモンドの芳醇な香りが漂います。

 

12年のダブルウッドと比べるとスパイシーな風味と優しい甘みが感じられ、一度味わうと忘れられなくなりますね。

なめらかな口あたりで、寒い冬もホッとできる飲み心地です。

 

バルヴェニー21年ポートウッド

View this post on Instagram

 

Calum Ramageさん(@idamage1979)がシェアした投稿 -


シェリー樽で21年熟成後、ポートワイン樽で熟成されてきたバルヴェニー21年ポートウッド。

贅沢な味わいの極上のウイスキーです。

 

美しい深みを感じられる色と一緒に、蜂蜜のふんわりとした甘い香りが楽しめます。

味も甘くて濃厚、まろやかな口あたり。

まさに、職人技が生きている上質なウイスキーです。

 

バルヴェニー25年トリプルカスク

View this post on Instagram

 

Pedro Rpさん(@pedrorp103)がシェアした投稿 -


ゆっくりと時間をかけて熟成されてきたバルヴェニー25年トリプルカスク。

熟したフルーツの香りと甘い香りが、複雑に絡み合っています。

 

口あたりはクリーミーでなめらか、口の中いっぱいに麦の深い旨味が広がります。

トリプルカスクシリーズで最も熟成された逸品です。

 

並行輸入品で価格は6万円前後とかなり高額になっています。

 

まとめ

いかがでしたか?

ここでもう一度、ウイスキー初心者にもおススメの、バルヴェニー12年の味や飲み方、種類についてまとめてみます。

 

味は

  • アルコール感がなくて飲みやすい
  • バニラに近い甘み
  • コクがあって味わい深い
  • まろやかな口あたり

 

おすすめの飲み方は

  • ロック
  • 少量ずつ加水

 

バルヴェニーウイスキー8種類を比較

  • バルヴェニー12年ダブルウッド…甘い香りとコクがありマイルド
  • バルヴェニー12年トリプルカスク…蜂蜜の甘さと柔らかい口当たり
  • バルヴェニー14年カリビアンカスク…トロピカルフルーツのコクとまろやかな口あたり
  • バルヴェニー15年シェリーカスク…フルーティーな甘みと麦の旨味
  • バルヴェニー16年トリプルカスク…蜂蜜の甘さと強い麦の旨味
  • バルヴェニー17年ダブルウッド…スパイシーな風味と優しい甘み
  • バルヴェニー21年ポートウッド…濃厚な甘さとまろやかな口あたり
  • バルヴェニー25年トリプルカスク…麦の旨味とクリーミィな口あたり

 

バルヴェニーの伝統の職人技で、じっくり丁寧に造られてきたバルヴェニーウイスキー。

個性豊かな香りや味とともに、贅沢なひと時を味わってみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事