ウイスキー陸の評価は?味と価格とおすすめの飲み方まとめ!

今回はキリンから5月に発売されたウイスキー陸のご紹介!

 

いろいろ噂は聞くけれど本当のところどうなの?

美味しいの?どんな味?価格は?

などなど、今回はウイスキー陸の知りたいことをまとめてみました!楽しんでいってくださいね^^

 

それではまずはウイスキー陸の評価からお伝えします!

    ウイスキー陸の評価は?

    2020年5月19日にキリンからウイスキー陸が発売されました。

     

    キリンといえば富士山麓樽熟原酒50度がお手頃な価格で人気でしたが残念ながら販売終了してしまいましたね。

     

    こちらのウイスキー陸も富士山麓樽熟原酒50度と同価格帯、しかもアルコール度数50度のブレンデッドウイスキーというところまで同じです。

     

    ひとつ違うのはウイスキー陸はグレーン原酒が主体のウイスキーというところ。

     

    モルト原酒とグレーン原酒のブレンデッドではあるのですが、ブレンド比率はグレーン原酒の方が多いようなのです。

     

    すでに飲んでみた方からの評価が気になって調べてみるとこのような意見が。

     

     

    ・味わいがしっかりしていて、割っても味が崩れなくて美味しい。

    ・バーボンのような感じなんだけど棘がなくて飲みやすい。

    ・スーパーで買えるし、お手頃ウイスキーとしては味も上出来!宅飲みにピッタリ!

     

    など、なかなかの高評価です。

     

    でもグレーン主体なのに味わいがしっかりしてる???

    グレーンといえばやさしい味わいを想像してしまいますがどうやらそうではないようです。

     

    その秘密はキリン独自のグレーンウイスキーの製造技術にあるのですがそれは何かというと・・・

    この投稿をInstagramで見る

     

    きゃあみ(@1227_692)がシェアした投稿 -

    静岡県にあるキリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所ではグレーンウイスキーの製造に力を入れており、3種類の蒸留機でタイプの違ったグレーンウイスキーを造っているのです。

     

     

    マルチカラム(多塔連続式蒸留機)

     

    一般的な連続式蒸留機。
    穏やかな味わいのすっきりとしたライトタイプのグレーン原酒ができる。

     

    ケトル(単式蒸留機)

     

    モルトウイスキーの蒸留釜のように1回ずつ蒸留を行う。
    甘く芳醇な香りと適度なボディ感のあるグレーン原酒ができる。

     

    ダブラー

     

    シーグラム社によって開発されたバーボン業界ではスタンダードな蒸留機。
    味わい豊かで重厚なヘビータイプのグレーン原酒ができる。

     

     

    この3つのタイプのグレーン原酒だけではなくウイスキー陸には輸入グレーン原酒も使われているそうですが、どうやらしっかりした味わいはこのボディ感のあるグレーンやヘビータイプのグレーンによるものだと思われます。

     

    富士御殿場蒸溜所は過去に3回もワールド・ウイスキー・アワード(WWA)でワールド・ベスト・グレーンウイスキーを受賞しているのでグレーンウイスキーの評価は世界レベルなのです。

     

    期待値がグッと上がりますね!

    それでは酒屋にダッシュして実飲レポートしてみましょう!!

    ウイスキー陸の味と価格

    この投稿をInstagramで見る

     

    Field Deer(@field.deer)がシェアした投稿 -

    行きつけの酒屋で簡単に手に入りました。

     

    ボトルデザインはいたってシンプル、白いラベルに黒い文字のみ。

     

    ボトルコレクターとしてはモノ足りない気もするけど今時はこれくらいシンプルな方がおしゃれなのかもしれませんね。

     

    スクリューキャップで開けやすい。

     

    この間コルク栓を破壊した私にとってはこの価格帯のウイスキーはだいたいスクリューキャップなので失敗がなくて嬉しいです。

     

    さて、お味はどうでしょうか!?

    味は?

    封を切ってすぐなせいか、ちょっとアルコール感がキツい。

     

    アタックは強いけど樽感やグレーンの甘みがあって飲みにくくはないです。

     

    香りはあまり強くないけど柑橘の香りやウッディさがあります。

     

    このくらい味わいがしっかりしてると確かに割り負けはなさそうですね。

     

    私は普段はストレート派なんですけどこれは割った方が面白いと思います。

     

    どちらかというと食中酒にしたい感じ。

    食事に合わせていろいろなスタイルで楽しめそうですよ。

     

    お手頃と言われていますが具体的な価格も調べてみました。

    価格は?

    量が少ないかも?と思ったら500ml入りでした。近所の酒屋で1,400円ほどで買えましたよ。

     

    だいたい1,300円~1,500円ほどで販売されているようなので酒屋やスーパーなどで探してみてください。

     

    どうしてもご近所にない場合はネットでもさほど変わらない価格でお求めになれるようです。

     

    それではウイスキー陸のおすすめの飲み方をご紹介しましょう!

    ウイスキー陸のおすすめの飲み方

    この投稿をInstagramで見る

     

    Field Deer(@field.deer)がシェアした投稿 -

    ストレートやロックでも飲めないわけではないですがいろんな食事に合わせてハイボールや水割りなどで楽しむのがおすすめです。

     

    上の写真のように屋外のバーベキューでハイボールなんて絶対美味しい!

     

    キリンのオフィシャルでも「一人だけでなく仲間ともお楽しみください」って書いてあるのでみんなで楽しく飲みたいですね。

     

    焼肉するならキリッと冷えたハイボールがいいでしょう。

     

    オフィシャルではウイスキー陸と炭酸水を1:5で割るのがおすすめなんだそうですが私には薄かった。

     

    私のおすすめは1:4で氷なしでキンキンに冷やした炭酸水で割るスタイル!

     

    生の柑橘系フルーツを絞ると美味しいけど屋外ならグレープフルーツ味の炭酸水を使ったりしてもいいかも。

     

    もちろん水割りやお湯割りでも楽しめます!

     

    水割りの方が飲むペースが早くなりがちなので1:4くらいに薄めて。

     

    お湯割りなら1:3くらいでゆっくり味わってみてください。(良かった!水割りとお湯割りはオフィシャルと同じ割り方だった!)

     

    これは和食に合うので試してみてください。

     

    私は煮魚やすき焼きなどには水割り、豆腐やスルメなどにはお湯割りを合わせるのが大好きです。(オジサン言うな!)

    麻婆豆腐などの中華にも水割りが合いますよ。

     

    他にもコーラやジンジャーエールなどお好みのドリンク類でカクテルにして楽しむのもいいと思います。

     

    食事やおつまみに合わせていろいろ楽しんでみてくださいね!

     

    それではまとめに入りましょう。

    まとめ

    ウイスキー陸についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

     

    コスパも良く、美味しいので普段飲みにピッタリだと思います。

     

    まだ飲んでいない方は是非一度お試しを!

     

    それではこの記事のまとめです。

     

    • ウイスキー陸はキリンから発売されたグレーン主体のブレンデッドウイスキーである
    • ウイスキー陸は500mlで1,400円前後とコスパが良い
    • ウイスキー陸は度数50度と割り負けしないしっかりとした味わいなのでハイボールや水割り、お湯割りなど多彩な楽しみ方ができる

     

    以上ですね。

     

    日本国内でも蒸溜所が増えており、今後も良いウイスキーが続々と出てくる予感がします。

     

    また良いウイスキーに出会えることを楽しみに待ちましょう。

     

    それではみなさまごきげんよう!!

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事