あかしウイスキーはまずい?味や飲み方とシリーズ11種類を比較!

あかしウイスキーはその名の通り、兵庫県明石市にある江井ヶ嶋酒造で作られるジャパニーズ・ウイスキーで、江井ヶ嶋酒造では日本酒の製造も行われています。

 

あかしウイスキーは「ホワイトオーク」の上位版にあたり、最近では英国産の麦芽100%で作られるシングルモルト「シングルモルトあかし」がウイスキー愛好家の注目を集めています。

 

そんなあかしウイスキーですが、じつは「まずい」なんていう話も聞かれます。

本当にあかしウイスキーは美味しくないウイスキーなのでしょうか?

 

あかしウイスキーの評判や価格、味と種類、さらにはテキーラやコニャック、日本酒の樽で作られたレアな「限定あかし」までご紹介します!

あかしウイスキーはまずい?

 

View this post on Instagram

 

泉屋酒店 今井 博さん(@hiroshi9280)がシェアした投稿 -

あかしウイスキーは歴史のある地ウイスキーです。

日本で初めてウイスキーが作られたのは1924年の山崎蒸留所(サントリー)だと言われていますが、江井ヶ嶋酒造はなんと、山崎蒸留所よりも5年早い1919年にウイスキー製造免許を取得していたんです!

一説では、明石ではサントリーやニッカと同じくらい、もしくはそれ以上前からウイスキーを作っていたとか。

 

そんな歴史のあるあかしウイスキーですが、ネット上では「まずい」という意見もチラホラ。

〜まずいという意見の一部〜

  • アルコールの強さが全面に出てキツイ
  • 酔うだけならオススメ。香りが無く味が無い
  • 香りと味をあまり感じない

たしかに、味に関して「まずい」という意見も見かけられますね。

 

しかし、あかしウイスキーに限らず、どのメーカーのウイスキーでも「美味しい派」の意見と「まずい派」両方の意見があるものです。

実際、角瓶やトリスなどの有名なジャパニーズ・ウイスキーでもいまだに賛否両方の意見がありますよね。

 

また、あかしウイスキーはジャパニーズ・ウイスキーメーカーとしては知名度が有名メーカーよりも低いです。

飲む人が今後増えることで、口コミが広がり、さらに評価が上がってくるかもしれませんね。

実際、江井ヶ嶋酒造が力を入れている「シングルモルトあかし」は販売が始まってからの年月は浅いですが、味の評判が良いです。

今後、年月の経過と共にさらに美味しくなると言われています。

あかしウイスキーの味や飲み方

View this post on Instagram

 

WVandESPouさん(@wvandespou)がシェアした投稿 -

江井ヶ嶋酒造ではブレンデッドウイスキーに加え、シングルモルトウイスキーも製造されています。

ちなみにブレンデッドウイスキーとは、モルトウイスキーにグレーンウイスキーを混ぜて作られたものです。

※グレーンとは、とうもろこしなどの穀物のことです

 

ブレンデッドウイスキーはロックやハイボールにして飲むとさらに飲みやすく、美味しいのでウイスキー初心者にもオススメです。

あかしウイスキーの味の感想、美味しい飲み方をお伝えします。

味は?

あかしウイスキーは青りんごを思わせるさわやかさと樽の穏やかで落ち着きのある香りが特徴です。

口に含むと、柔らかな甘みの後にビターな味の広がりがやってきます。

地ウイスキーなので独特なクセがあったり、飲みにくかったりするかな〜と思っていましたが全然そんなことは無く、むしろ飲みやすいと感じました。

個性の強さはあまり感じられませんが、逆にどんな割り方をしてもおいしく飲めるな〜と実感しましたよ。

あかしウイスキーをさらにおいしく飲む、オススメの飲み方をご紹介しますね。

飲み方は?

あかしウイスキーは、ストレートで飲むと香りの強さ、辛さが目立ちますね。

辛いのは苦手、甘いほうが良いという方にはトワイスアップをおすすめします。

トワイスアップとは、常温の水でウイスキーを割る飲み方なんですが、加水することで、ストレートよりも甘み、麦の香りが際立ちます。

ロックにすると最初はストレートのような素の味わいを楽しみ、氷が解けるにつれ味のやわらかさを感じることが出来ますよ。

ストレートもトワイスアップもおいしいですが、実はさらに美味しく飲む方法があるんです。

ハイボールもおすすめ!

View this post on Instagram

 

中山克彦さん(@nakayama_katsuhiko)がシェアした投稿 -

あかしウイスキーを美味しく飲むならハイボールがオススメです。

ドライで香りの強い飲み口の「あかしレッド」や「地ウイスキーあかし」は、炭酸水で割ることによりスッキリした後味と喉ごしの良さが冴えます。

あかしのストレート、ロックはちょっとキツイかな〜と感じたらぜひハイボールにして飲んでみてくださいね。

価格は?

View this post on Instagram

 

Joey Foresterさん(@joedesuyo)がシェアした投稿 -

あかしウイスキーはブレンデッドウイスキーだけでなく、様々な醸造樽を使って作られるカスクシリーズ、シングルモルトシリーズなど種類も豊富です。

 

ブレンデッド系の「あかしレッド」「地ウイスキーあかし」は値段も安いので試しやすいですね。

ブレンデッドウイスキーが安い理由ですが、じつはブレンデッド系は大量生産しやすく、課税率が低いからなんです。

 

シングルモルトあかしはブレンデッドに比べると価格は高いですが、最近のジャパニーズ・ウイスキーでも味の面で特に注目されているウイスキーです。

価格を気にする方やハイボールで飲むことが多い人ならブレンデッド系。

ストレート、ロックでじっくり味わいたい方ならシングルモルトがオススメですね。

 

あかしウイスキーの種類

View this post on Instagram

 

@kokomo785がシェアした投稿 -


あかしウイスキーはあかしレッドを始めとする「ブレンデッドウイスキー」に加え、「シングルモルトシリーズ」、醸造樽を変えることで味の違いを生み出している「カスクシリーズ」があります。

あかしウイスキー全シリーズの味の特徴をまとめましたので参考にしてみてくださいね。

あかしレッド

View this post on Instagram

 

kazune.satoさん(@zunezune.insta)がシェアした投稿 -

あかしレッドはモルト、グレーンによるブレンデッドウイスキーです。

モルトの味にこだわっており、英国産の麦芽を100%使っています。

辛口で淡麗な味わいで、ロックにすると香りが伸びます。

ハイボールが美味しく、後味の良さが特徴。

食事にもよく合いますね。

 

地ウイスキーあかし

View this post on Instagram

 

Tomohiro Eguchiさん(@egucci07)がシェアした投稿 -


モルト、グレーン、スピリッツによるブレンデッドウイスキーの「地ウイスキーあかし」。

あかしレッドよりもモルトウイスキーの比率が高いため、味はレッドよりもまろやかです。

モルトの香りもレッドよりも感じやすく、味にクセが無いので飲みやすいですね。

ウイスキー初心者でも飲みやすく、レッド同様、ハイボールにすると美味しいです。

ブラックニッカや白角が好きな人なら満足の行く味と言えますね。

 

シングルモルトあかし

View this post on Instagram

 

塩辛姫さん(@shiokarahime)がシェアした投稿 -

シングルモルトあかしは、シェリー樽原酒とバーボン樽原酒をあわせて作られています。

無着色、ノンチルフィルタード(冷却ろ過していない)により樽から出したそのままの味わいを楽しめます。

味は、シングルモルトならではのトーストにも似た香ばしくやさしい香りがあり、さらにはシェリー樽特有のレーズンのような甘みも感じられ、ハイランドやスペイサイドのシングルモルトのような本格的な味わいを楽しむことが出来ます。

ノンエイジ(ラベルに年数表記されていないもの)ですが、500ml入でアルコール度数46度、価格は2,700円と満足度の高いウイスキーと言えます。

 

シングルモルトあかしバーボンバレル5年

View this post on Instagram

 

Bar Entrustさん(@bar_entrust)がシェアした投稿 -

ウイスキー製造で一度使われた樽は、ウイスキーの貯蔵用として再利用され、樽にウイスキー原酒を詰める際、1度目の場合はファーストフィルと呼ばれ、2度目の場合はセカンドフィルと呼ばれます。

シングルモルトあかしバーボンバレル3年は、ファーストフィルのバーボン樽で3年間熟成されて作られます。

ファーストフィルならではのバーボン樽の影響が強く、オレンジピールのような酸味のある香りとビタースイートな味わいが特徴です。

 

あかしウイスキー限定版

View this post on Instagram

 

@kokomo785がシェアした投稿 -

限定版である「シングルモルトかしオールドシェリーバット10年」は販売本数が少ない希少品です。

スパニッシュオークシェリー樽で10年もの間熟成され、ほどよくタンニンがあり、ビターでありながらもリッチな味わいが特徴。

全国で480本しか販売されていない限定品です。

シングルモルトあかし14年

View this post on Instagram

 

Bar Entrustさん(@bar_entrust)がシェアした投稿 -


シングルモルトあかしの14年は、英国産麦芽100%で作られたウイスキー原酒をスパニッシュオークシェリー樽で12年半熟成させ、その後アメリカンオークシェリー樽に1年半、さらにはフレンチオーク白ワイン樽で半年後熟させて作られます。

割り水をしていないカスクストレングスタイプで、度数は56度もあります。

オイリーな含み感とタンニンの味わい、シェリー樽特有の甘みはあかしウイスキーファンなら飲むべき一本と言えるでしょう。

 

シングルモルトあかし15年

シングルモルトあかし15年は、英国産麦芽100%で造ったウイスキー原酒をスパニッシュオークシェリー樽で12年半貯蔵した後、ジャパニーズオーク樽で2年半熟成させて作られます。

14年よりもスパイシーさが強く、若干の酸味と深い余韻が特徴です。

 

あかし3年日本酒カスク

View this post on Instagram

 

鈴木酒販 三ノ輪本店さん(@suzuki_minowa)がシェアした投稿 -

東海地区の酒専門小売チェーン「酒ゃビック」で限定発売されたのがこの「あかし3年日本酒カスク」です。

「あかし3年日本酒カスク」は、日本酒を熟成させたホワイトオーク樽にニューポット(単式蒸溜器から溜出したばかりの未熟成なモルトウイスキー)を3年間熟成させたものです。

日本酒を熟成させた樽を使うことで生まれるビタースウィートな味と樽のウッディな香りが特徴です。

 

あかし3年テキーラカスクシングルモルト

View this post on Instagram

 

Shingo Kさん(@bar_honmachi_osaka)がシェアした投稿 -

テキーラの醸造で使われた樽で熟成されたのが「あかし3年テキーラカスクシングルモルト」です。

アネホ(1年以上熟成したテキーラ)の空き樽で3年以上熟成されているため、テキーラならではの青々しい香りと苦みを感じることができます。

テキーラが香るシングルモルトは珍しくも不思議な味わいをかもし出しています。

 

あかし3年オロロソシェリーカスクシングルモルト

View this post on Instagram

 

BAR神㐂屋さん(@bar_mikiya)がシェアした投稿 -

オロロソのシェリー樽で3年6ヶ月熟成されたシングルモルトです。

ノンチルフィルター(冷却ろ過していない)によりモルト本来の味が楽しめます。

バニラやカラメルの甘い香りと緩やかな苦味が特徴。

 

あかし5年ファーストフィルバーボンバレルシングルモルト

マーマレードやレモングラス、はちみつといった甘さと酸味があり、ビターチョコレートのような余韻があります。

5年の歳月により、味はより深く、面白みを増しています。

 

あかし5年コニャックカスク

View this post on Instagram

 

Bar きしがみさん(@22dai22)がシェアした投稿 -

コニャックを貯蔵する際に使われるリムーザンオーク樽で5年半貯蔵されて作られたのが「あかし5年コニャックカスク」です。

樽のビターさ、アルコールの辛さがありますが、ベリーの甘みも寄り添い、独特な味わいが生まれます。

製造数は1,100本と少なめで希少性のあるウイスキーです。

 

まとめ

View this post on Instagram

 

Misato Ohnishiさん(@mii_716)がシェアした投稿 -

あかしウイスキーは兵庫県明石市で作られるジャパニーズ・ウイスキーです。

 

まずいという意見もありますが、どんなウイスキーであっても良い評価ばかりでなく悪い評価もあるものです。

あかしレッドや地ウイスキーあかしはハイボールにすることで美味しくなった!という意見も多いです。

また、近年シングルモルトあかしが注目を浴びており、今後熟成を重ねることでより美味しく、さらに評価も上がっていくと思われます。

 

あかしウイスキーと一言で言ってもカスク(樽)の違いやブレンデッド、シングルモルトなど種類が豊富なので、どのあかしを選ぶべきか迷ったときは今回の記事をまた読み返していただければと思います。

おすすめの記事