「ブッカーズ」はクラフトバーボンというプレミアムバーボンウイスキーの最高峰の銘柄で、ウイスキー好きならぜひ一度は飲んでみたい一品ですよね!

 

ただ、とても希少な銘柄であるため入手困難となっているんです。

 

そこで、今回は「ブッカーズを知りたい!飲みたい!手に入れたい!」という方のために、

  • 販売終了している理由
  • そもそもブッカーズとは何か
  • ブッカーズの香りや味わいなど評価
  • どこで手に入るのか
  • おすすめの飲み方

など気になることをまとめてみたので、ご紹介したいと思います。

ブッカーズ終売の理由は?

View this post on Instagram

 

Bar松柏さん(@bar_syohaku)がシェアした投稿 -


さきほど「ブッカーズは入手困難」とお伝えしました。

その理由はブッカーズは現在休売(ほぼ終売)しているからです。

 

クラフトバーボンは厳選された素材、こだわりの思想、徹底された製法により最高峰の品質で作られているため、そもそもの生産数量が少なく限定された量しか製造されていません。

つまり、需要に対して供給のバランスが保たれていないため、すぐに売切れてしまうというわけです。

 

そのため、現在メーカーからの正規販売で購入することはできなくなっており、手に入れるためには個人の出品者から落札するほかありません。

 

もちろん、プレミアがついているため、かなりお高めの値段で出品されています・・・。

 

では、どのくらいの価格なのか確認してみましょう。

価格について

メーカーからの公式販売が休止されている今、ブッカーズの価格は高騰しています。

販売当初の公式価格は6,480 円でしたが、現在は超高値で販売されていることがほとんどです。

 

ただ、値段が高いだけで基本的にどの通販サイトでも購入はできます!

参考までに、こちら↓でブッカーズの現在の価格をチェックしてみてください。

 

そんなに高値で販売されているブッカーズって、そもそもどんなお酒なのか気になりますよね?

次から詳しく解説しますね。

ブッカーズはどんなお酒?

View this post on Instagram

 

Sweet Kava Kavaさん(@sweetkavakava)がシェアした投稿 -


ブッカーズはバーボンウイスキーに分類され、その中でも「クラフトバーボン」の中の一つです。

 

まずクラフトバーボンとは何なのかを簡単に説明しますね。

クラフトバーボンとは、「ジムビーム」で知られる名匠ブッカー・ノウの思想により、バーボンウイスキーの製造工程で、徹底的にこだわり抜いた原料や仕込み、蒸留、貯蔵の方法が反映されたウイスキーのことをいいます。

 

そしてブッカーズは、原酒を樽の中で6~8年も熟成させ、その中から選りすぐりのものをヴァッティング(混和)し、割水や濾過など行わずに作られており、クラフトバーボンにおいて最高峰のものであると言われています。

 

63°という高いアルコール度数ながらも、それを感じさせない滑らかさ、オーク樽とバニラの甘く重厚な香りで濃縮され、フルーティで香ばしい味わいが特長となっています。

ブッカーズ2018

View this post on Instagram

 

ATSUOさん(@atsuo_89)がシェアした投稿 -


メーカーからの公式販売は休止されているとお伝えしましたが、ずっと何年も発売されていないわけではありません。

 

毎年ブッカーズはその年のラベルが発売されており、今年も2018年ラベルが数量限定販売中です。※現在は売り切れ中となっています。

 

もし定価で購入したいのなら、来年のブッカーズの公式メーカーでの発売を気長に待つのも手ですね。

 

評価

さて、これまでブッカーズの特徴をお伝えしてきましたが、気になるのは飲んでみた人の味わいや香りの口コミですよね!

 

そこで、今回実際にブッカーズを味わってみました!

 

現在の高騰している価格で購入するのは流石にちょっと勇気がいるので(笑)、今回はブッカーズを取り扱っているお店で飲んできました。

 

まずはストレートでテイスティングです。
口に含むと、ガツンとくる力強さがあります。

飲み込むと焼けるような熱さが口から喉まで駆け巡り、大変なことになりました。(笑)

香りはとても香ばしい樽とキャラメルやバニラのような濃厚な甘い香りがいつまでも余韻として残ります。
まさに最高峰と呼ぶにふさわしいバーボンウイスキーだと言えます!

 

ただ、63度もあるアルコール度数のためストレートで嗜むのは相当の慣れが必要そうです・・・。

 

ここで炭酸で割ってハイボールとして飲んでみることにしました。

 

次にそのレビューをお伝えしますね。

度数が高いのでハイボールや水割りがおすすめ

今度はブッカーズ1:炭酸水1の割合でハイボールにして飲んでみました。

 

ストレートとは違い、高いアルコール度数の衝撃はある程度抑えられるので、ハイボールや水割りは良いかもしれません。
それでいて割り負けすることもなく、重厚な香りは劣らず感じられ、むしろソーダのさわやかさと相まってとても心地よく味わえます。

 

味わいもフルーツとバニラの芳醇な甘さとほろ苦さがしっかりと感じられてとても美味しいです。

 

正直、63度のアルコール度数をいきなりストレートで飲むのはかなり無謀です(笑)
ウイスキー好きな私でも結構なパンチを感じました・・・。

 

ですので、相当なウイスキー通じゃない人はハイボールや水割りがおすすめです。
慣れていくと、ハイボール・水割り→ロック→ストレートとグレードアップしていくといいかもしませんね。

 

これまでブッカーズについて色々な情報をお伝えしてきました。

 

もう一度おさらいの意味を込めて簡単にまとめてみようと思います。

ブッカーズについてまとめ

  • 徹底された製法、高い品質で作られているため少量限定生産品である
  • 現在メーカーからは売切れ中により発売休止
  • 所持者からの出品で高騰している価格であるが購入可能
  • プレミアムウイスキーであるクラフトバーボンのなかでも最高峰の銘柄
  • 今年は2018年ラベルが発売されていた
  • オーク樽とバニラの甘く重厚な香りで濃縮され、フルーティで香ばしい味わいが特長
  • 飲み方は63°という高いアルコール度数のため水割りやハイボールがおススメ

 

いかがでしょうか。
ブッカーズの魅力が少しでも伝わったでしょうか?

 

数あるバーボンウイスキーの中でもブッカーズは間違いなくトップクラスのバーボンウイスキーだと思います。

 

ただ、高いアルコール度数と高騰している値段から、初心者がいきなり手を出しにくいウイスキーであるのも否めません。

 

ですので、もしブッカーズを試してみたいと思う人は、私のようにお店でハイボールや水割りで飲んでみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事