知多ウイスキーの評価と味や飲み方!蒸留所の工場見学はできる?

サントリーのシングルグレーンウイスキーと言えば、愛知県知多半島で作られているその名も「知多 / ちた」ですよね。

最近では佐藤健さんの爽やかに知多ハイボールを楽しんでいるCMも記憶に新しいのではないでしょうか。

 

今回は「知多、風薫るハイボール」の謳い文句の通り、穏やかで軽やかな香りが花開くハイボールとして楽しむことが出来る知多ウイスキーの魅力に迫ります。

 

まずは、知多ウイスキーの味や飲み方についての評価をリサーチしてみました。

知多ウイスキーの評価と味や飲み方

View this post on Instagram

 

Bar 蕾さん(@bar_tsubomi)がシェアした投稿 -


ネット上では、香りが良くクセの少ない口当たりが評判の知多ウイスキーですが、実際はどんな味なんでしょうか?

 

そして、知多を楽しむための飲み方とは?

 

実際に飲めばわかるということで、早速ネットで注文して飲んでみました。

味は?

まずはロックで原酒を味わいます。

 

一口目を口に含んだ瞬間、柔らかな口当たりとその後に感じる甘さとうまみ。

そして、自分の呼吸と共に鼻に抜ける芳醇な香り。

たった一口で虜になりました。

評価は?

ロックで飲み比べてみると、他のウイスキーは刺激が強すぎたりクセが強いこともあり、ちびちび楽しむ派なのですが、知多ウイスキーはウイスキー苦手って方にも自信を持ってお勧めできます。

 

「日本食にピッタリ!」とか「ハイボールがとにかくうまい!」という意見が多数見受けられたので、ハイボールでも飲んでみたくなっちゃいましたね。

 

コチラの知多ウイスキーは、原料がトウモロコシというコトもあり、バーボンが苦手って方には嫌煙されがちなようですがとんでもない!

ウイスキーになじみのない方でもロックも楽しめるくらい飲みやすいんです。

 

他のウイスキーでは「アルコールのピリッとした刺激が強すぎて苦手」と言う方にも、知多ウイスキーならではの甘さとうま味がマイルドな口当たりを演出してくれています。

 

そんな知多ウイスキーで作るハイボールってどんな味なんでしょうか?

CMでもオススメされているくらいなので、ますます気になっちゃいますよね?

おすすめの飲み方

ウイスキー好きの方に言わせたら「ハイボールじゃウイスキーの魅力を楽しめない」なんて厳しめの意見もあるようですが、おいしく飲めれば何でもいいじゃん派の人間からしたら、そんなの気にしない気にしない。

 

知多の評価でもっとも多かったのがハイボールがおいしいという意見でした。

そんな事知ったからには試さずにはいられませんよね?

 

何はともあれ早速知多ハイボールを作って飲んでみましょう。

知多はハイボールもおすすめ!

口当たりが優しく甘さとうま味、そして華やかな香りが病みつきになる知多ウイスキーですが、ハイボール推しの意見がとにかく多い!

 

たくさんあるウイスキーの中で、ハイボールの飲み方がこれほどオススメされているウイスキーも珍しい!

というか、他に見たことがないくらいですよ。

 

それでは開けたての炭酸水を注いで、いよいよ知多ハイボールとご対面です。

 

炭酸水を注いだ瞬間に弾ける気泡と共に華やかで芳醇な心地いい香りがグラスの口から一気に広がります。

 

そして口に含んだ瞬間に、ほのかな甘みとうま味と知多の香りが一気に押し寄せてくる。

コレは美味い!!

 

「クセが無く飲みやすい」との評価から多少物足りなさがあるのか?とも思いましたがそんなことは一切ございません。

 

知多ウイスキーは是非ともハイボールでお楽しみください。

ここまで美味しいハイボールが自宅で飲めるとなると、自宅に一本ストックしたくなるのが人間と言うものです。

 

はたして、どの程度のお値段でしょうか?

価格は?

ウイスキーの入門銘柄として絶賛オススメできるコチラの知多ウイスキーですが、気になるお値段はどの程度でしょうか?

 

700mLサイズでこのお値段はなかなか手が出ないという方もいらっしゃると思いますが、それ以上に自宅でこんなにおいしいハイボールをご家族みんなで楽しめるとなれば、価格以上の価値があると思いますね。

サントリー ウイスキー 知多 [日本 700ml ]
知多

 

さて、ここまで知多ウイスキーの魅力を知ってしまったからには、どんな風に作られているのか見てみたくなりませんか?

ウイスキー蒸留所で知多ウイスキーの歴史も学びたいし、はたして一般見学は出来るのでしょうか?

知多ウイスキーは工場見学できる?

View this post on Instagram

 

Tomさん(@tomo.f25)がシェアした投稿 -


今回ご紹介しているサントリー知多ウイスキーの産地は、愛知県知多半島にある「サングレイン知多蒸留所」なのですが、知多ウイスキーファンであれば一度は訪れてみたい場所だと思います。

 

しかし、残念ながらコチラの蒸留所は一般公開されていないんですね。

がっかり。

 

サントリーホームページの方にも「特別なお客様のみ」との記載がありますので、そんなチャンスに巡り合える方がうらやましい限りです。

まとめ

さて今回は、知多ウイスキーの魅力に迫ってみましたがいかがでしたか?

 

知多ウイスキーを簡単にまとめるとこんな感じでしたよね?

  • ウイスキー苦手な方や初心者にオススメできる飲みやすさと美味しさ。
  • お値段はやや高めだけど、みんなで楽しめるウイスキー。
  • ハイボールがとにかく美味くてオススメ。
  • 蒸留所の一般公開はしておらず「特別なお客様のみ」が見学できる

といった感じでしょうか。

 

何はともあれ、どの飲み方でもおいしく飲める知多ウイスキーは、ウイスキー入門の必須銘柄であることは間違いありませんね。

 

ご自宅に一本ストックしておくべきウイスキーと言えるのではないでしょうか。

 

それでは、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事