アーリータイムズの味や飲み方!シリーズ3種類を飲み比べ!

バーボンといえばコレ!と言われるくらい世界中で愛されているアーリータイムズ。

 

アメリカ開拓時代真っ只中の1860年、ケンタッキー州で生まれたバーボンウイスキーがアーリータイムズです。

Early Times=開拓時代って名前の通り、アメリカが独立する以前の混とんとした時代から飲まれているお酒だなんてシビれますよね~。

 

さらに、何を隠そうこのバーボン、オリジナルの「イエローラベル」とリンゴフレーバーが特徴的な「ブラインドアーチャー」に加え、日本人向けにカスタマイズされた「アーリータイムズブラウン」ってブランドがあるのを知っていますか?

 

今回は、そんな日本人にもなじみの深いバーボン「アーリータイムズ」3種類を飲み比べてみました。

アーリータイムズの味と飲み方

View this post on Instagram

 

mariさん(@tanabata.maturi7777)がシェアした投稿 -


アーリータイムズは、トウモロコシ原料のバーボンウイスキーで、芳醇に広がる甘い香りと切れのあるテイストが特徴的です。

強いお酒が苦手な方には、アルコール臭いとか言われて嫌厭されがちなんですが、おいしく楽しめるハイボールの飲み方をお伝えしていこうと思います。

味は?

アーリータイムズの特徴は何といってもその独特な甘さと香りですね。

原料のトウモロコシの甘みと熟成の際に使用される焼いたオーク樽のフレーバーがこの特徴を演出しているんです。

 

ナゼ焼いたのかは諸説あるようですが、長い年月をかけて確立されたであろうバーボンの製法に職人のロマンを感じちゃいませんか?

評価は?

アーリータイムズのはその甘さゆえにストレートやロック派の中でも評価が真っ二つに分かれている印象です。

ハイボール派にとっては、その甘さが他のウイスキーとは違う独特のフレーバーとして楽しむことが出来るんですけどね。

価格は?

気になるアーリータイムズシリーズのお値段ですが、ネット上では1000円~2000円ほどとムラがあるようです。

700mLでこのお値段のバーボンなら自宅に一本ストックしておきたいところですね。

 

アーリータイムズの飲み方

View this post on Instagram

 

Gaelic C Luckyさん(@g.c_lucky)がシェアした投稿 -


バーボンに限らずウイスキーのストレートやロックの飲み方って強いお酒が苦手な方や女性には嫌厭されがちなんですよね。

僕もそんな一人なんですが、ハイボールを覚えてからウイスキーの世界に目覚めちゃったんです。

 

ウイスキーって世界各地で作られていてたくさんの種類がありますよね?

ってことは、それぞれ違う美味さや醍醐味があるってことですよね?

それを楽しめないなんてもったいない~って思いからウイスキーハイボールの世界に飛び込んだんです。

 

お酒の楽しみ方が広がるハイボールの世界へみなさまをご案内していきます。

ハイ ボールがおすすめ

「ストレートやロックで飲めないからバーボンは苦手~」なんてこと言わずにアーリータイムズはハイボールにしておいしく飲んじゃいましょう。

 

ハイボール以外にも今回は、本場アメリカで昔から飲まれている伝統的なカクテルの作り方も教えちゃいます。

 

アルコール度数が高くて苦手な人が多い印象のバーボンも、ハイボールにしちゃえばビールやサワーと同じようにグイグイ飲めちゃいますよ。

 

ウイスキーは種類も豊富でそれぞれ特徴的なテイストが醍醐味なので、ハイボールっていうのは「お酒の楽しみ方」が増える画期的な飲み方なんですよ。

 

それでは3種類のアーリータイムズの美味しい飲み方をご紹介していきましょう。

アーリータイムズブラウンラベル

View this post on Instagram

 

mikkoさん(@osakememo)がシェアした投稿 -


アーリータイムズブラウンラベルはジンジャーハイボールがオススメ!

日本人向けに作られたブラウンラベルは、ストレートとロックはもちろん、ハイボールにしても美味いんです。

 

アーリータイムズブラウンとジンジャエールを1:3の割合で混ぜてお好みでライムを絞るだけ!

ライムの爽やかさがバーボンの甘い香りを引き立ててくれます。

 

さらにジンジャエールの甘さも加わってスイスイ飲めてしまうので飲みすぎにはご注意!

 

アーリータイムズブラインドアーチャー

View this post on Instagram

 

れいぶんメタルさん(@raven_metal)がシェアした投稿 -


アーリータイムズブラインドアーチャーはシンプルに炭酸割がマスト!

 

リンゴとシナモンのフレーバーが加わったブラインドアーチャーはシンプルに炭酸で割ったハイボールがオススメです。

リンゴのフレーバーが加わっているためハイボールというよりかは青りんごサワーに近いと思われがちなんですが、一口飲んだ後味にはシッカリとバーボンが主張してくる感じがたまらなく美味しいんですよね。

 

ブラインドアーチャーと炭酸の割合は1:3で十分美味しいのですが、もっとバーボンを感じたい人には1:1がオススメ。

僕も自宅で飲むときは濃いめのブラインドアーチャーハイボールで心地よく酔うことが出来てます。

 

アーリータイムズイエローラベル

View this post on Instagram

 

shige1984さん(@shigedayo1984)がシェアした投稿 -


アーリータイムズのイエローラベルは、母国アメリカで昔から飲まれている伝統的なカクテルとして楽しんでみるのはいかがでしょうか?

 

手軽に作れる本格アメリカンカクテル「ミント・ジュレップ」

 

ジュレップって聞きなれない響きですよね。

 

コチラのカクテルは、アメリカ三大競馬の一つ「ケンタッキーダービー」の公式ドリンクとなっていて、アーリータイムズとガムシロップ、そして香り高いミントの葉で作られる爽やかなカクテルなのです。

ミントジュレップの作り方

材料
アーリータイムズ 60mL
ガムシロップ 小さじ1
ミントの葉 4枚
ミネラルウォーター 30mL

  1. グラスにガムシロップ、ミント3枚とミネラルウォーターを入れて、ミントの葉をスプーンで潰しながら砂糖を溶かす。
  2. クラッシュドアイスを加える。
  3. アーリータイムズを加えてよく混ぜる。
  4. ミントの葉を飾りつけてストローをさせば完成。

アメリカの伝統的なカクテル「ミントジュレップ」は、爽やかなミントの香りとバーボンフレーバーが暑い日にピッタリのカクテルです。

 

作り方もいたってシンプルなのでぜひお試しください。

 

まとめ

みなさんアーリータイムズの楽しみ方覚えていただけましたか?

最後にもう一度おさらいしてみましょう!

  • アーリータイムズにはイエローラベル、ブラウンラベルとブラインドアーチャーの三種類が販売されている。
  • それぞれに個性的な美味しさがあるので、バーボン初心者の方もハイボールで楽しめちゃう。
  • 価格は700mLで1200~1500円台とお手軽価格。
  • ハイボールの他にもアメリカ伝統的なカクテル「ミントジュレップ」もオススメ。

 

今回は、特にバーボンのクセや強いお酒が苦手という方にはハイボールをオススメしてまいりました。

 

ハイボールは、カロリーを気にせずグイグイ飲めるのが魅力の一つですよね。

 

苦手な方でもバーボンが楽しめて、カロリー気にせずグイグイ飲めるハイボールで、アメリカ生まれの本格バーボン「アーリータイムズ」を楽しんじゃってください。

それではまた。

おすすめの記事