今回はウイスキーのカロリーについての説明をメインにした記事になります!

気になりますよね!お酒は好きだけど太りたくはない!みんな同じ思いです。

 

めっちゃ調べました!お役に立てるとうれしいです。

今回の記事では

 

  • ウイスキーのカロリーについて
  • ウイスキーの糖質について
  • ハイボールは太らない??
  • ダイエットにもいいの?
  • 他のお酒とのカロリーの比較

 

についてお伝えします。

最後までお付き合いくださいねー!

ウイスキーのカロリーは低い?

一般的に「ウイスキーは太らない」と言われていますが、本当でしょうか。

 

ウイスキー100mlに含まれるカロリーは237キロカロリーです。

ビールだと100mlで40キロカロリーです。

 

「ええっ!?」と思ったあなた、安心してください。

ウイスキーをストレートで100ml飲みますか?

 

 

バーでウイスキーをストレートでオーダーして100mlものウイスキーがグラスに入って出てきたら誰でもツッコミ入れますよね。

 

「麦茶か!!」とか言っちゃいますよね。

 

逆にビールをオーダーしてジョッキに100mlしか入ってこなかったらどうですか?

缶ビールでも350ml入っているんですよ。

 

これもツッコミ入れますよね。

「泡ないやん!!」ってなりますよね。

 

これは、アルコール度数に関係してきます。

ウイスキーはアルコール度数がだいたい40%はありますね。

ビールは5%ほどしかありません。

 

アルコール度数の高いウイスキーはストレートで飲む場

合、シングルで30mlしか入ってきません。

 

アルコール度数の低いビールはジョッキで提供される場合が多いですが、実は中ジョッキといってもお店によって量が違います。だいたい350ml~500mlの量で出てきます。

 

だから実際はビールだと1杯の中ジョッキで140~200キロカロリーを摂取していることになりますね。

 

これでは100mlでのカロリーで考えるのはおかしい、となりますよね。

では、正当なカロリーはどうすればわかるのでしょうか。

ウイスキーのカロリー計算

100mlでだいたい237キロカロリーなわけですから、シングル1杯しか飲まないとすると30ml分なので、約71カロリーということになりますね。

 

でもだいたいシングル1杯で終わる人は少ないのかなー。

私はバーに行くと2~3杯は飲んじゃいますが、家飲みの時はジガー(シングルとダブルの中間45mlくらい)に少量加水して飲んでいます。

 

ちょうどそれくらい入るグラスが家にあったのでそうなっているだけなのですが。

 

ジガーだと107キロカロリーくらい、ダブルだとシングルの2倍ですから60mlで142キロカロリーくらいということになりますね。

 

でもこれはあくまで、ストレートや無糖の水やソーダで割った場合のカロリーであることを念頭に置いておきましょう。

 

ジンジャーエールやコーラなどで割ると糖質が加わり、カロリーはグンとアップしてしまいます。

 

ウイスキーには糖質が含まれないという話を聞いたことがありますか?そのことについて調べてみましょう。

糖質は?

ウイスキーには糖質は含まれていません。

 

これはお酒には醸造酒と蒸留酒という違いがあり、日本酒などに代表される「醸造酒」はデンプンを発酵させて造ったお酒をそのまま瓶詰めするために糖質が含まれています。

 

「蒸留酒」は蒸留過程で糖質がなくなるので糖質は含まれません。蒸留酒にはウイスキーの他にも焼酎やジン、テキーラなどがあります。

 

なので、ウイスキーに含まれるカロリーは糖質によるものではないということがわかりますね。

 

では、ハイボールが流行っている昨今、ハイボールは太らないということでは?

気になりますねー。

ハイボールは太らない?

ハイボールはバーで飲むとウイスキーを無糖のソーダで割ってくれますね。

これだと1杯で50キロカロリーくらいで、ものすごく低カロリーです。

 

でも飲みやすいからといってついつい飲みすぎてしまうこともあるので気をつけましょうね。

 

それからもうひとつ、居酒屋さんと違ってバーでいきなり「ハイボール」といってもバーテンダーさんは困ってしまいます。

 

ハイボールというのはなんらかのお酒をソーダで割ることの総称です。

優しいバーテンダーさんなら「お酒は何になさいますか?」とか聞いてくれますけど。

 

せめて、ウイスキーのハイボールが飲みたいなら「スコッチの飲みやすいハイボールが飲みたいんだけどおすすめはありますか?」くらいは言いましょうね。

 

ジャパニーズウイスキーでも他の地域のウイスキーでもいいんですけどね。

敷居の高いバーで「うちにはハイボールというお酒はありません」と言われたという話も聞いたことがあります。

 

居酒屋さんなら「とりあえずハイボール!」で伝わりますけどね。

「ハイカラ」って言うとハイボールと唐揚げが出てくるらしいですね。

 

居酒屋、長いこと行ってないので初めて聞いたとき、なるほどなーって思いました。

 

さて、ハイボールが低カロリーなのが分かったので世のダイエッターの方たちは飲み会ではハイボール一択ですねー。

ダイエットにも最適?

低カロリーなんだからダイエットに最適なのは当然じゃない!ってなりますね。

でもハイボールには食欲を増進させる働きもあるのです。

 

居酒屋でハイボールだから、と安心して食べ物に気を配らずに揚げ物や高カロリーのものを食べていると結局ダイエットにはなりません。

 

なるべくカロリーの低いものを中心に食べましょうね。

それとアルコールのカロリーは食事の糖分や脂質のカロリーと違って摂取しても太りにくいと言われています。

 

尿酸値や血糖値の気になるお父さんたちにもハイボールはおすすめですよ。

ウイスキーは熟成過程で樽の成分が溶け出してポリフェノールが作られるのです。

 

ポリフェノールには尿酸値や血糖値を上がりにくくする働きがあるのです。

健康を気にする方にもおすすめできる飲み物なのです。

 

で、結局、ウイスキーは太らないのね?という疑問。

ウイスキーは太る?太らない?

結論からいうとウイスキーは適量ならビール一杯とそんなにカロリーは変わらないということが分かりましたね。

 

太らないように気をつけたいならハイボールにして、食べるものに気を配りさえすれば一番いいですが、ハイボールにすると食欲増進効果が出てしまうので我慢が必要です。

 

ただ、ビールだと1杯で満足する人は少ないでしょうから、ビールよりはおすすめです。

ウイスキーにはプリン体も含まれませんし、ポリフェノール効果で健康にも気を配れます。

 

飲みすぎにさえ気を付ければ他のお酒を飲むよりは、太りにくいと言ってもいいのではないでしょうか。

では、それを立証するためにもいろいろなお酒と比較してみましょう。

色々なお酒と比較してみた

さあ、他のお酒たちよ、かかってきなさい!ウイスキーが太りにくいということを分からせてあげるわ!

 

というわけで、最初の対戦はさっきから話題になっていたビールから。

ウイスキー対ビール

ビール中ジョッキ1杯で満足だもん!と言い張ることができるなら、ウイスキーをダブルで飲むのと変わらないですねー。

でも中ジョッキ1杯で満足かい?私は満足できないなー。

 

ウイスキーはシングルで3種類くらい飲んだら満足するけど、ビールを中ジョッキで2杯飲んじゃったら、そこでもうすでにウイスキーの方がカロリー低いです。

 

次は楽勝な気がする~。

ウイスキー対ワイン

私はワインも大好き!ひとりで1本普通に飲める。

たいてい誕生日とか記念日とか特別な日にしか開けないからひとりで飲むことはないけど。

 

赤ワインも白ワインも100mlで73キロカロリーあるんだって。

1本空けたら547キロカロリー!?あかんね、いつも私の方が多く飲んでるから、かなりカロリー取ってるわ。

 

ウイスキー、圧勝!さすがの私もマッカランを一気飲みしたことはない。

でもほら、ワインって開けたら飲んでしまわんとあかんやん?

 

次は反則技を出されたら負けるかも。

ウイスキー対サワー

ここはいちばんカロリーの低そうなレモンサワーあたりをチョイスすべきでしょうね。

 

レモンサワーのお酒の量とか配合にもよりますが、だいたい1杯あたり160~170キロカロリーほどあるそうです。

 

でも市販の缶入りのサワーは低カロリーに作ってあるものがたくさん売っていますね。

 

それは反則として(勝手に決めるな!)どうせ1杯で満足できないんだから、ウイスキーの方が勝ちよね!

次はいけそうな気がする~!

ウイスキー対カクテル

これは自信ある!絶対ウイスキーの方がカロリー低い。

カルーアミルク205キロカロリー!太る太るー!

 

しまった!蒸留酒ベースのカクテルがあるのを忘れてた!

ジントニック103キロカロリー、モヒート110キロカロリー。

 

・・・いや、でもどうせ1杯で我慢でけへんやん?

私もいつもバーでは1杯めはキールロワイヤルやけど(定番!)次からはモルトいくもん。

 

ウイスキーシングル1杯で我慢できたら何にでも勝てそうな気が・・・いや、強敵登場!

ウイスキー対焼酎

これはきつい!焼酎に勝てるか!?

焼酎は蒸留酒、しかもそのままではなく、お湯割りとかが定番。

 

ただでさえ100mlで146キロカロリーしかないのに、それをノンカロリーのもので割られたら非常にヤバい感じが・・・

 

焼酎には甲類と乙類という分類があり、甲類は主に混ぜ物に使われ、「本格焼酎」などと銘打たれ芋焼酎などそのまま飲まれるものが乙類です。

 

しかもその強敵、「本格焼酎」の方がカロリーが低い。

水割りにしたり、お湯割りにしたり、飲み方もウイスキーと似ています。

 

アルコール度数も似たような感じか・・・でも焼酎好きは呑んべえが多いから飲む量が多いよなぁ。

・・・たぶん引き分けくらいだと思います。

 

次は楽勝と思われる日本酒ー!

ウイスキー対日本酒

日本酒は醸造酒なので糖質が多く、どうしてもカロリーは高くなります。

 

銘柄であまり差が出るというわけでもないらしく、だいたい100mlで104キロカロリーほどあります。

 

日本酒は1合180mlなので、毎晩1合しか飲まないという人でもお酒だけで187キロカロリー摂取していることになりますねー。

 

肴は炙ったイカでいい人でもウイスキーに比べたらけっこうなカロリーです。

ウイスキー圧勝!

 

それではまとめにいきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

なんかひとりで楽しんでしまっていましたが。

ウイスキーは飲む量が適量であれば確実に他のお酒より太りにくいと言えると思います。

 

  • ウイスキーは100ml単位で考えるとカロリーが高いが、実際に平均的に飲む量を考えると低カロリーであると言える。
  • ウイスキーは蒸留酒であるため糖質は含まれない。
  • ハイボールにするとさらに低カロリーになるが、食中酒として飲む時は食べるものの種類や食べ過ぎに注意すること。
  • ウイスキーはダイエットになるとは言わないが、他のお酒を飲むよりは太りにくい。
  • ウイスキーは健康にいいポリフェノールが含まれているので、尿酸値や血糖値が気になる人に良い。

 

いずれにしても飲みすぎてしまったら身体を壊すので適量を守りましょう。

おいしく、健康に!ウイスキーは「命の水」とも呼ばれているのですよ!

 

いつまでもおいしくウイスキーを飲める身体を維持しましょう。

それではまた、ごきげんよう!!

おすすめの記事